パッチギ LOVE&PEACE

b0052436_2126255.jpg
パッチギ LOVE&PEACE観てきました。
かなりメッセージ性のある映画で、メッセージ内容に関しては賛否両論だと思います。
現在の日本では否の方が多いかな・・・
井筒監督は俺は、君のためにこそ死ににいくをかなり批判していましたが、パッチギの映画の中でもそういう映画を批判していました。
そういう映画です。
ヤフーの映画講評とか見てると余り評判は良くありませんが、万人にウケる八方美人的な映画より、このような映画のほうが大切に思えます。
そういう意味で、『パッチギ』も『俺は、君のためにこそ死ににいく』も良い映画だと思います。
後者は観たわけではありませんが・・・
どっちが正しいかなんて、答えはないと思いますが、井筒監督はせめて映画を観てから批判して欲しいですね。
それにしてもヒロインの中村ゆりは可愛かった。
前作ではまだ当時それほど人気のない沢尻エリカを抜擢して、人気が出てきたし、可愛い女の子を見つけるのが上手いですね。
まあ、前作ほど良くありませんでしたが、僕は面白く感じました。
[PR]
by ready-made | 2007-05-20 21:53 | 映画


<< ヘヴィローテーション 生 桜塚やっくん >>